リバウンドのメカニズムとレプチンの分泌について

ダイエットによってリバウンドが起きる際、レプチンというホルモンが関与しています。レプチンは満腹感に関係するホルモンですが、食事制限を続けているとレプチンの分泌量が変わっていきます。今までど同じ量の食事を摂っても満腹感を実感できないと、お腹が満たされたと感じるまでに食べる量が多くなります。レプチンが分泌されると、脳の満腹中枢に働きかけてくれるため、食事量を抑制することが可能です。摂取したカロリーが体の中できちんと消費されるように、交感神経に働きかけて、筋肉や肝臓での脂肪燃焼を促進する働きもあります。レプチンの機能を理解することで、リバウンドの発生しにくいダイエットをすることが可能になります。ダイエットに取り組む時には、レプチンが多く分泌されることでリバウンドが起きにくくなることを知っておきましょう。レプチンの分泌は、食事制限によるダイエットを続けていると、減ってしまうので、注意をしなければなりません。食事をしっかり食べないでいると、レプチンが分泌されづらい体になって、満腹感を感じるまでに時間を要します。満腹感を十分に得られない食事を続けていると、身体でエネルギーを消費しにくい体になるので、リバウンドのリスクが上がりかねません。ダイエットを成功させるために、食事の内容や量の見直しが必須ですが、食事を減らし過ぎるとレプチンの少ない体になってしまいます。適切な方法でダイエットを成功させたいと考えているならば、リバウンドのメカニズムをまず把握しましょう。不用品回収 大阪